ディアイシング製品ADF

航空機用防除雪氷液(ADF=Anti-/De-icing Fluid)

画像
飛行機は、翼に氷や雪が付着している状態では十分に揚力を得られず離陸することができません。
そのため離陸前に氷や雪を機体から取り除く作業が必要になります。
過去には十分な除雪が行われなかったために、航空機事故が発生することもありました。
近年になり航空機の離陸前除雪作業の重要性が改めて認識され、航空機用防除雪氷液の需要はさらに高まっています。
特に日本は雪の多い国です。
防除雪氷液なくしては冬季の航空機運航はできません。
関東化学工業では、英国キルフロスト社で開発された航空機用防除雪氷液を、製造・販売しています。
キルフロスト社は、1930年創業の航空機用防除雪氷液のパイオニアであり、信頼性が高く、革新的な製品を供給し続ける世界的トップメーカーです。
航空機用防除雪氷液(ADF)の提供先である、日本航空様、全日本空輸様、スカイマーク様を始めとする国内外の航空各社様をはじめ、空港で除雪作業を行うグランドサービス会社各社様向けADFの製造販売を通じ、航空機の冬季における安全運航のお手伝いをしています。
画像

クリーンエアクラフトコンセプトの中核を担う航空機用防除雪氷液

航空機の機体表面には何も付着してはいけないという「クリーンエアクラフトコンセプト」という国際的な決まりにより、飛行の際には、雪や氷を取り除く必要があります。
関東化学工業で製造販売をしている航空機用防除雪氷液は、厳格な国際基準に準じ、アメリカ連邦航空局(FAA)等、各国の公的機関で承認されている製品です。
1988年に輸入販売を開始し、現在では国内マーケットではトップシェアの製品です。

TYPEⅠ:機体に積もった雪を除く

冬季、航空機は、地域によりますが降雪という過酷な状況下にさらされます。
その為、機体には雪や氷・霜などが付着してしまいます。
雪質等にもよりますが、気温が低い場合にはディアイシングブロー(圧縮空気)により飛ばしてしまうことが出来ます。
しかし、湿った雪や氷などはブローだけでは除去出来ません。
そこでTYPEⅠ(De-icing Fluid)を散布し雪や氷を除去、機体をクリーンな状態に戻します。

TYPEⅣ:新たな着氷を防ぐ

TYPEⅠ散布後、再度機体に雪が積もったり氷にならないよう防がなくてはなりません。
そこで散布するのがTYPE Ⅳ(Anti-icing Fluid)です。
散布後機体表面には防氷液の層ができ、新たに積もる雪を溶かし込んでいきます。
これは離陸時の滑走により、機体から流れ落ちる特性を持っている液体です。
TYPE Ⅳは散布開始直後よりホールドオーバータイム(効果が持続する時間)が定められています。
弊社で製造するキルフロストブランドのTYPE Ⅳはホールドオーバータイムが長く、性能が優れている為、国際的にも多くのエアラインで使用されています。
画像

ADF散布風景

画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像