品質管理quality control

国際基準を基軸とする品質管理

関東化学工業は、国際基準を基軸とした『社内基準』を作成し、工程・製品試験等の品質を管理してきました。しかしながら昨今の化学製品には、より高い品質管理能力が要求される事が多くなっております。そこで弊社はお取引様各社の要求事項を満たす事はもちろん、さらに厳密な管理・試験項目を加え、それぞれの製品に適合した品質管理を進めております。

試験項目は多岐にわたり、日本工業規格(JIS)に準拠した各種検査、その他キレート値、有効塩素、アルカリニティ検査、過炭酸ナトリウムの定量検査、有効酸素量など、お客様よりの指定検査項目につきましても、日々精密で正確な検査を心がけ実施しております。
国際基準を基軸とする品質管理

国際基準を基軸とする品質管理

厳しい管理から培われる厚い信頼をめざして

航空機用防除雪氷液につきましては、ASTM、SAE等の国際規格および、英国キルフロスト社による社内規定に基づく厳しい試験(屈折率・粘度等)や生産管理を実施しアメリカ連邦航空局(FAA)から承認された製品の製造を行っています。

更に、関東化学工業ではQC活動が盛んに行われており、品質管理部門のみならず全社員一丸となって品質・製造管理の向上に邁進しております。 国内外のトップ企業の品質管理や監査ご担当の方々からはこれらの実績や取組みを評価頂き、弊社の品質管理能力についての厚いご信頼を頂いております。

分析装置

装置名称 設置数 用途
自動滴定装置 2 製品のキレート価、アルカリ度、有効塩素の測定
吸光光度分析装置 1 製品の酵素分析の測定
電動マイクロピペッター 2 吸光光度分析装置の測定の際に使用する
大風速ドラフトチャンバー 2 人体への酵素暴露対策(安全作業)
粒度分布測定器 1 製品の粒度測定
粉ケーキング測定器 2 固まった製品粉の壊れ具合を測定
回転式粉縮分器 1 グローバルで使用されている粉を均一に分ける機器
ブルックフィールド粘度計 2 液体粘度の測定
アッベ屈折計 1 液体製品の屈折率測定